世界の蜂蜜 ニュージーランド マヌカハニー

世界のはちみつシリーズ第二弾として今回は、ニュージーランドはちみつをお話をしようと思います。

<ニュージーランドのはちみつ歴史>

南西太平洋のオセアニアにある島国であり、二つの主要な南島と北島からできており、国土は約 27.5km2(平方キロメートル)およそ 日本の約 3/4 の面積で、人口約 495 万人と自然豊かな国土となっています。

実はハチミツと人類の歴史はとても長く、紀元前6000年も前から人はハチミツを収穫してきたと言われている。そんなハチミツの長い歴史と比較すると、ニュージランドの蜂蜜には〝ほとんど歴史がない〟といっても過言ではないかもしれない。というのも、ニュージーランドの先住民マオリ族が移住してきた1,000年前には マヌカハニーの蜜源であるマヌカの木はすでに自生していたものの、ニュージランドに養蜂が始まったのはわずか180年前だというのだ。ちなみに日本の養蜂の歴史は江戸時代とされているので約400年と言われているので確かに浅いですよね。

<はちみつ消費量世界一のニュージーランド>

歴史は浅いのですが、そこから現在は「ハチミツ先進国」と言われ、国民一人当たりのハチミツ消費量が日本の3倍以上約1㎏以上と世界ナンバーワンにまで成長したのは驚きでもあります。、今ではニュージーランドに暮らす人々は生活の中でハチミツはなくてはならないものになっています。あらゆるところで身近に蜂蜜を購入することができる。ニュージーランドの人々の食生活にもしっかり入り込んでいる。日本人の味噌汁のようにである。

 

ニュージーランドの国内蜂蜜生産量は年間約20,000トン、以前の松治郎の舗(まつじろうのみせ)ブログでも書いたが、カナダが33,000トンで日本が3,000トンなので、はちみつ生産国としても上位に位置している。

NZ養蜂場

<私とマヌカハニーとの出会い>

日本ではニュージランドのはちみつと言えば、ほとんどの方がマヌカハニーと言うほど有名になったが、はちみつとしては、クローバー蜂蜜がほとんどで、マヌカ蜂蜜は1700トンくらいしかない。実際私がニュージーランドに最初に訪れた時も、ニュージーランドで有機栽培の花から採取したはちみつをBIOGR(バイオグロ)が認定したという話があってニュージーランドのはちみつに出会ったのもクローバーハチミツであった。

もう30年近く前になるだろうか?ニュージーランド現地の養蜂家さんを回っているときにマヌカハニーというはちみつがあると紹介を受けた。

現地のマオリ族とう種族が昔なら薬効があるとして食べてきたはちみつで、これのも・コレニモ・これにも 効く!っといった内容で、紹介してきた人間も笑いながら話していたので、私の話を流しながら聞いた記憶がある。

どこの国にもこの手の話はあり、神秘のお薬的にはちみつを持ち上げることは

よくよくあるので「なわけない—。やん」として受け止めていた。

そのころニュージーランドのはちみつといえばクローバーのはちみつが有名でっていうかクローバーはちみつしかなっかった。養蜂家はみなクローバーのはちみつを採蜜して、国内外に販売していた。

そこが私とマヌカハチミツのファーストコンタクトとなった。

 

ManukaHoneyとは

 

しばらくニュージーランド国内のみ知られた存在だったが、1980年代の〝あるの発見〟により、マヌカハニーは一気に世界中に知られる存在となっていく。

先ほども書いたが、今でこそ世界中の人気の健康食品として有名なマヌカ蜂蜜だが、つい30年ほど前までは、ニュージーランド以外の国ではあまり知られた存在ではなかった。そのマヌカハチミツに世界の人々の視線が集まり始めたのは、1990年代後半に入ってから。

ヨーロッパ人が移住してくる18世紀まで、ニュージーランドは独自の生態系を守っており、まさに「未開の地」。そんな手付かずの自然が残るニュージーランドは、生物学者や植物学者にとって研究テーマの宝庫であり、数多くの研究者がニュージーランドへと移住し、研究しておりニュージーランド政府も積極的に受け入れをおこなっていた。

そんな中、彼らが注目したのはニュージーランドの先住民マオリ族の暮らし。彼らは日常生活の中で、病気を患ったり、怪我をしたときに、植物を活用する知恵と経験を豊富に持っていた民族で、傷口の消毒や、火傷の治療にマヌカを活用していたというものである。

そういったマヌカの効果や効能については、研究者の間で少しずつ注目されるようになり、1人の研究者ケリー・シンプソンが「マヌカハニーが強い殺菌力を持つ」という噂を聞きつけ、生物学を専攻する旧知の大学教授ピーター・モラン博士のもとを訪ね、マヌカハニーの成分の分析を依頼。そして研究を初めてほどなくして、ピーター・モラン博士は、マヌカハニーには、他のハチミツにはない「強力な殺菌作用」を促す成分が含まれていることを発表した。

その殺菌作用をもたらす物質がどんなものかが判明するのはさらに先のことになるが、この〝世紀の発見〟により、ニュージーランドだけで知られていたマヌカハニーは世界中で注目されるようになり、今では世界のスーパーフードとして認知される存在にまでなった。

 

ニュージーランド植物『マヌカ』とヨーロッパ人が持ち込んだ『西洋ミツバチ』。もし西洋人がミツバチをニュージーランドへ持ち込まなかったら…… 人類は「マヌカハニー」が今日知られることがなかったとも考えられる。そう考えると、この出会いがいかに【歴史が合わせた偶然の奇跡】であるか、よく分かると思う。

「おたくのはちみつは非加熱ですか?」

誰かが仕掛け、広がった????案件

 

まずここで非加熱の定義を明確にしましょうね。

 

非加熱とは、熱処理をしないこと。加熱による殺菌処理などを行わないこと。

と記載がある。

 

つまり、何らかの加熱による殺菌処理が必要なものが加熱処理をする

ことになる。

 

では、はちみつは加熱処理をする必要があるか???

 

Wikipediaよりはちみつ成分

以下

 蜜源植物と採集季節によって変動するが、約72%の糖分と約21%の水分に

よって構成され[29]、微量の栄養素など(ビタミン[† 3]ミネラル[† 4]

アミノ酸[† 5][† 6]有機酸[† 7]酵素[† 8]色素[† 9]、香気物質[† 10])も含まれる[3]

有効成分が蜂蜜の中で果たす働きについては未解明な点も多い[41]

ビタミン、ミネラル、アミノ酸の多くは花粉に由来する[31]

つまりはちみつは、ほとんどが糖分でできている。

だから腐ることもなければ、菌が繁殖することもない。つまり

 

熱処理をする必要がない食品なのです。

それでも不安な方々に、はちみつが皆さんお届けするまでの工程

を画像で

① お花の蜜をミツバチが集める

色々なお花畑を巡って、ミツバチがお花の蜜を集める
色々なお花畑を巡って、ミツバチがお花の蜜を集める

② 巣に戻ってはちみつを巣に貯めます。

ミツバチは巣に戻ってはちみつを巣に貯める
ミツバチは巣に戻ってはちみつを巣に貯める

③養蜂家がはちみつの貯まっている巣を包丁できり

養蜂家がはちみつの貯まっている巣を包丁できり放す
養蜂家がはちみつの貯まっている巣を包丁できり放す

④ 遠心分離機という道具で遠心力によりはちみつを絞り出す

遠心分離機という道具で遠心力によりはちみつを絞り出す
遠心分離機という道具で遠心力によりはちみつを絞り出す

⑤ あとは蛇口からはちみつを出す。

遠心分離機の下にある蛇口から流れ出るはちみつを集める
遠心分離機の下にある蛇口から流れ出るはちみつを集める

ここからがよく誤解がある点。⑤の写真をよくご覧ください。

はちみつの中にミツバチの死骸やごみがあるのが見えるだろうか?

 

ビン詰めした商品に、このようなものが入っていたら、ご購入いただいた

方はなんと思いますか? 原始時代の日本人なら許していただけるかも

しれないが、お客様の大多数は、異物混入!気持ち悪い!

というのではないでしょうか?

そこでゴミをとるために、網であったりろ布であったりしたものでゴミを取ります。

 

その時、粘度が高い蜂蜜を、網やろ布に落としてもメッシュを通さないため

40度くらい蜜温に温め、メッシュを通してゴミをとり、ビンに詰めるということになります。

  

40度も熱加えてるやん!という方に

日本人が好む風呂の温度は40度〜42度

日本の真夏の最高気温 41.0℃

これくらいの熱は許してください。養蜂家が皆様に蜂蜜を届けられなくなります。

カナダ蜂蜜(クローバー)

前回はカナダはちみつの養蜂環境などを中心にお話しましたが、今回はいよいよ、私がおススメするカナダ産蜂蜜(クローバー)をご紹介します。

<驚きの白いはちみつ>

それはまさにクローバーのはちみつです。まずはこれをご覧ください。

クリーミィー

真っ白!真っ白なんです。さらにこの粘度、マーガリンのようなクリーミィーな粘度なんです。初めて見た時には混ざりものでも入っているのか?と思ったほどです。私がこのカナダ産結晶ハチミツに出会ったのは30年くらい前のこと。それまで黄金色や茶褐色の蜂蜜しか知らなかった私は、海外から来た黒船蜂蜜に衝撃をおぼえたことは今も忘れません。

日本では確かに白くなると言えば、蜂蜜が固まる結晶化という現象がありますが、結晶化したはちみつこのようにクリーミィーにはならずジャリジャリした白い塊になるのが日本では当たり前なのに、このカナダはちみつ(クローバー)はクリーミィーな粘度の状態のままなんです。

<企業秘密のはちみつ製法>

カナダの養蜂現場に入る、どのように採蜜してビンに詰めるのかを教えてもらいに行きました。企業秘密のところもあるので詳細はお伝え出来ないのですが、蜂蜜が結晶する(白く固まる)現象をうまく使って温度と攪拌によりこのよなクリーミィーな状態に仕上げています。

企業秘密

ほんとに考えた方は天才かと思いました。当たり前ですが添加物など一切入っていませんからね。

今ではこの技術は世界に広がり、ニュージーランドやオーストラリアのはちみつやヨーロッパの蜂蜜でもこのようなクリーミィーなハチミツは出てきました。

<松治郎の舗(まつじろうのみせ)カナダ産結晶蜂蜜のおススメの食べ方>

このカナダ産はちみつ(クローバー)のおススメの食べ方は、生の食パンにそのままクリーミィーな状態のままぬって、バターを絡めて食べてみてください。

もう一つおススメの食べ方は、塩味が若干あるクラッカーにこのカナダ産結晶はちみつ(クローバー)をつけて食べてみてください。たまりません。笑

松治郎の舗(まつじろうのみせ)カナダ産結晶はちみつ

<はちみつの栄養成分>

エネルギー329Kcal、水分17.6g、タンパク質0.3g、脂質0g、炭水化物81.9g、灰分0.1g、【無機質】ナトリウム2.0mg、カリウム65.0mg、カルシウム4.0mg、マグネシウム2.0mg、リン5.0mg、鉄0.2mg、亜鉛0.1mg、銅0.04mg、マンガン0.21mg、クロム1.0㎍(マイクログラム)、【ビタミン】ビタミンA カロチンβ1.0㎍、ビタミンB20.01mg、ビタミンB60.02mg、葉酸7㎍、パントテン酸0.12mg、ピオチン0.4㎍

*あくまでもこの数値は目安です。

世界の蜂蜜 カナダハチミツ(クローバー)

くまのプーさんの本拠地、カナダハチミツをご案内。カナダと言えばメープルシロップが有名ですが、なんせ楓の花が国のシンボルになってるくらいなので。。。同じくらいはちみつ生産国としては全世界2位くらいのはちみつ採蜜国なんです。ディズニーのくまのプーさんもここカナダが発祥となり全世界にひろまったくらい。

お花としては、キャノーラ(菜の花)、クローバー(日本のそれとは違う)、あとはアルファルファといったところです。松治郎の舗(まつじろうのみせ)ではこの中のクローバーの蜂蜜を販売しております。

カナダはちみつ環境 カナダの蜂蜜の品質の高さは世界で認めらており、広大な面積にナタネ・クローバー・アルファルファが生育しています。これらの蜜からはミツバチはマイルドで白くおいしい蜂蜜を作り出します。太陽が降り注ぐ長い夏が続くカナダの高原で、ミツバチは様々な花から蜜を集めますが、ミツバチにとっては、長い夏というよりは、駆け足で過ぎ去っていく短い夏の間に一所懸命ハチミツを集めています。

カナダは、世界第2位の収穫率を誇り、世界第6位のハチミツ産出国です。
2002年には、カナダの養蜂業者は10州合計で約88,000軒、巣箱の数にして約585,680個、ハチミツの生産量は33,297トンそのうちの約21,900トンを輸出しています。

カナダハチミツの安全性 カナダのハチミツの安全性を品質は、カナダ食品検査庁(CFIA)はカナダの農産物法の蜂蜜に関する規定に基づき、厳格なカナダの基準に適合するよう生産者と輸入者を監督しています。

アルバータ州で採れる採蜜量は、カナダ10州の40%に相当します。ミツバチの数も20万群が活躍しています。

カナダの自然 アルバータ州といってもロッキー山脈の山麓に広がるValley view(バレイビュー)、Peace river(ピースリバー)を中心に、北部に位置する地域が主な産地になります。
ロッキー山脈の北側に位置し、そこから流れ出る伏流水を豊富に育んだ地で、孤絶した湖やビーチ、無数の川が流れ、最北部にはスイスが丸ごと入ってしまう広大な国立公園(ウッド・バッファロー国立公園)があります。
国定公園や雄大な自然に囲まれ、自然を保護している地域が多いです。Valley view(バレイビュー)、Peace river(ピースリバー)を中心に養蜂家の短い夏が始まります。
主なハチミツは、ナタネ蜜、クローバー蜜と、百花蜜になります。
アルバータ州の蜂蜜の産地の開花時は、数種類のクローバーの絨毯で埋め尽くされます。

農薬は指定されたものしか 使用されていません。それも採蜜が終了した後に一回だけです。それから考えても、翌年の採蜜時には残存しているとは思えません。
大きい農家で2万エーカーは土地をもっている。最低耕作面積は160エーカー(3000~4000エーカーは持っていないと、生活は成り立たない)と言われています。
牧草地に何を植えるかは地主で決まる。それは、種の価格で大きく変わります。

 

カナダの養蜂スタート 春の採蜜は、5月初旬からのバンクーバー近郊(越冬地)のブルーベリー農園での受粉に始まり、そこで採れるブルーベリー蜂蜜やブラックベリー蜂蜜からが、採蜜のスタートです。
6月の中旬から8月中旬のPeace river近辺にある牧草地に蜂をおいてカノーラから採蜜が始まり、松治郎の舗(まつじろうのみせ)で販売するホワイトクローバーやレッドクローバー、スウィートクローバーと順番に可愛い花が咲き乱れていきます。
蜜蜂は7000群保有し、短期間で450トンの採蜜をされます。1群で20kg~30kg。9月には霜が降りることがあり、そうなると採蜜は終了となります。

 

松治郎の舗(まつじろうのみせ)カナダ産結晶はちみつ