寝る前の「スプーン1杯のはちみつ」おススメ

今回は是非皆様に寝る前の【スプーン1杯のはちみつ】で睡眠の質を改善してもらいたい。というお話

睡眠時間が短いほど食事が増して食べすぎてしまう。ということがよく言われています。確かに睡眠時間が短いとご飯を食べる時間も不規則になり、規則正しい食事がとれなくなります。睡眠時間が短いと太りやすいというのは、疑いようのない事実であり、「寝る大人はやせる」は証明されていると言っても過言ではありません。ただ、この睡眠と肥満の関係には、睡眠時間だけでなく睡眠の質という概念も重要のようです。

最近巷では、睡眠の質の書籍やまくらや寝具も多数販売されており、この【睡眠の質】は一つのテーマになっているようです。

7~8時間という十分な睡眠時間を取っていても、寝起きが悪かったり、日中に眠くなったりする人は睡眠時間が短いときと同じ状態で規則正しい食事ができず食欲が不安定になります。

特に夜中に目覚める、夢ばっかり見る、歯ぎしりがひどい、朝から肩こり、体がひえているといった症状がある人は、睡眠の質が低い可能性が高いです。これらの症状は、寝ているときに血糖値が下がってしまっていることが原因だと考えられます。

通常、人の体は就寝中は血糖値が下がらないような仕組みが備わっています。ただこれが、日中のストレスが強い、夕食で糖質制限をして糖質が不足しているなどがあると、寝ているときに低血糖になってしまうのです。

低血糖になると、体内では血糖値を上げようと「コルチゾール」というホルモンが作られます。コルチゾールは肝臓に働きかけて、血糖値を維持します。ただコルチゾールは血糖値だけではなく、体全体を興奮させるので、目を覚まさせたり噛みしめを起こしたりして、睡眠の質を下げることにもなります。

この低血糖を予防するために是非一度試して頂きたいのが、「寝る前のティースプーン1杯のはちみつ」なのです。

はちみつは、血糖値を緩やかに上げて、長時間血糖値を安定させる働きがあります。蜂蜜の主成分であるブドウ糖と果糖がバランスよく入っていることが、この血糖値の安定を作ってくれていると言われています。

でも大抵のお客様は、ハチミツの寝る前に摂るなんて太ってしまうでしょう!と考えられ方が多いようです。ただ考えてほしいのですが、ティースプーン1杯のハチミツは、糖質は5g、カロリーは20kcalしかありません。これくらいのものを舐めたからといって太ると思いますか? 

さらに蜂蜜に含まれるブドウ糖と果糖は単糖類といって糖のなかでも最も消化吸収力が高いのです。

もちろん、20kcalでも積み重ねれば太るという意見もわかります。しかし、はちみつで睡眠の質が高くなると食欲が通常の状態になれば、20kcalとは比べ物にならないくらいの、摂取カロリーが抑えられるのです。

夜中に体が冷えて目が覚める、噛みしめがある、しっかり寝ているつもりなのに日中に眠い、というのであれば、ぜひ寝る前にティースプーン1杯のはちみつを試してみてください。

さらに効果的なのは赤ワインと一緒に寝る前に蜂蜜を摂取すればより効果的ですし、お酒が苦手という方はホットミルクと一緒にティースプーン1杯のはちみつもいいと思います。

世界の蜂蜜 ハンガリー アカシア

世界のはちみつ第三弾、カナダ・ニュージーランドと続き今回はハンガリーのはちみつをご紹介します。

<ハンガリー>

ハンガリーは中央ヨーロッパに位置する内陸の国です。首都ブダペストはドナウ川によって二分されており、市街地にはブダの中世のキャッスルヒルや、ペストのアンドラーシ通り沿いに建つ新古典主義様式の堂々とした建物群から、19 世紀の鎖式つり橋まで、主要な建造物が点在しています。ハンガリーの文化にはトルコやローマの影響が反映されており、温泉湖であるヘーヴィーズ湖のミネラルスパなどは、その代表的なものの 1 つです。

<ハンガリーの養蜂>

*国内には養蜂家が18000軒あり、22,000トンの生産量で、主なハチミツは、アカシア蜜と百花蜜になります。

*アカシアの花の大きさは、小さなぶどうの一房くらいの花ですが、開花時は、無数のアカシアの花で埋め尽くされます。 *農場が開拓されていますので、ワイルドフラワーが減ってきていますが、アカシアの蜜源は大きな変動はなく、天候に大きく作用されますが、比較的安定しているハチミツであります。

*産地は南と北に大きな範囲であります。南では、ブタペストより南の70~75km離れた、BACS-KISKUN(バーチ・キシュクン)地区にあるSOLT(ショルト)というポイントを中心にドナウ川に沿ったところや、そこから更に西の方にあるSOMOGY(ソモジ)地区の丘陵地帯が産地になります。また、北の地区ではSZABOLCS-SZATMAR(サボルチ・サトマール)地区にある、Nyirbator(ニールバートル)を中心とした丘陵地帯が産地になります。

*春の採蜜は3月の初旬から4月中旬のドナウ川近辺の、春先には、養蜂家のKoos Peter(コーシュ・ペター)を中心にドナウ川のほとりから、最初のハチミツ採集がスタートします。スノーホワイトと呼ばれている白い花が咲き乱れているドナウ川の周辺で蜂を増やすための採蜜をさせます。

*養蜂家のKoos Peter(コーシュ・ペター)は1934年から養蜂家をはじめ、3代目になります。 *実際の、採蜜は4月中旬からのナタネ、途中りんごの採蜜をし、メインのアカシア蜜を5月中旬より開始されます。 *日本はイタリアン種を使用しますが、ハンガリーの蜜蜂は、コーカシアン種を使用しています。これは、越冬から春の採蜜にかけて蜂の延び(勢い)があり、採蜜群に向いているようです.(寒さに強く蜂蜜を沢山採る種) *アカシア蜜は2回採蜜がありブタペストの南に始まり、1週間の間をあけて北の丘陵地での採蜜になります。 *1群で40~50kgを7~8回の採蜜で採集します。

<ハンガリーの養蜂政策>

ハンガリー国の農林省の指導により、養蜂家は蜂を置く場所はどこでも良いが、必ず農林省に届けを出すことによって、蜂場の近隣の農家が農薬を使用する場合は連絡が入り、蜜蜂を移動することが出来る。

また、ハンガリー国の農林省は、指定したダニ剤(ドイツ、バイエル社製)以外は一切使用させず、抗生物質や動物薬についても使用禁止のため安心である。

<はちみつの栄養成分>

エネルギー329Kcal、水分17.6g、タンパク質0.3g、脂質0g、炭水化物81.9g、灰分0.1g、【無機質】ナトリウム2.0mg、カリウム65.0mg、カルシウム4.0mg、マグネシウム2.0mg、リン5.0mg、鉄0.2mg、亜鉛0.1mg、銅0.04mg、マンガン0.21mg、クロム1.0㎍(マイクログラム)、【ビタミン】ビタミンA カロチンβ1.0㎍、ビタミンB20.01mg、ビタミンB60.02mg、葉酸7㎍、パントテン酸0.12mg、ピオチン0.4㎍

*あくまでもこの数値は目安です。

 マヌカハニーおすすめ

<マヌカハニー(ManukaHoney)とは>

ニュージーランドは北島と南島に分かれており、このマヌカハニーが採れるのは北島である。南半球にあるニュージーランドは日本と夏冬がまった逆なので、12月の下旬から2月の上旬にマヌカの木に白い花が咲き、採蜜が始まる。マヌカとはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」などを意味する。葉っぱに薬効があることから、原産地では薬用茶として古くから利用されてきた、樹高は 0.3~5m 程で、( 現地の)夏前から梅に似た直径 1~2cm ほどの花を咲かせる。

マヌカの花とミツバチ

<ManukaHoneyに有効成分メチルグリオキサート(MGO)>

その後数年してから、ニュージーランド政府やニュージランドの大学からマヌカハニーの数値基準的なUMFなるものが発表された。UMFとは、ユニークマヌカファクトリーの略ということで、マヌカハニーの抗菌性を数値化したとのことであった。

ますます胡散臭い話しになったとその当時思った。天然のはちみつを数値化する?天然であるがゆえ数値化は本当に難しい。それは天然ものを扱う人間ならだれしも感じるところである。日本人の探求精神に火が付き、ではUMFの検査方法を教えてほしい日本でも同じ検査結果がでるか?等々の事実を知りたかったのでニュージーランド側に依頼した。

その当時の答えは、検査方法は教えられたにという回答であった。その時点で私のうさん臭さマックスに当時なったことを覚えている。

今となれば、メチルグリオキサールの含有量だったのになぜ隠したのか不思議である。

マヌカハニーの面白いところっていうか大変珍しいところというのは(世界の蜂蜜 ニュージーランド マヌカハニー)でも紹介したがメチルグルオキサールの発見である。ほかの蜂蜜ではまず見つけれれない成分なのです。

マヌカはちみつを採蜜した時点では、この成分はほとんど存在しない。その後時間経過とともにメチルグルオキサールがマヌカハニーのなかで活性して生まれるということである。酵母などに似ているとおもってもらっていいかな。

メチルグルオキサールを数値化したものが俗に云うUMF(ユニークマヌカファクトリーの略)とかMGOとかいったものになる。

<UMFとMGOの数値の味方>

ニュージランドの見解では、UMF+5( MGO83 )、+10( MGO263 )、+15( MGO514 )、+18( MGO696)の数値になるようです。この数値をフェノール液という消毒液の濃度に換算すると 例えば UMF+5 の場合、フェノール液濃度 5.0%と同等の殺菌力を持っていることになる。一般的に、手指・皮膚の消毒で 1.5~2%、医療用具・手術室・病室の消毒で 2.0~5.0%に希釈したフェノール液が使用されており、マヌカハニーの持つ殺菌力が非常に優れているということになる。

<マヌカハニーの効果>

通常のハチミツよりも強い殺菌、抗菌作用があることが確認されています。また世界で唯一薬効が医学的に証明されているものとなります。現在も研究が続けられている。

<松治郎の舗(まつじろうのみせ)で取り扱うマヌカハニーの安全性>

マヌカはちみつの名誉のためにも、マヌカを採蜜する場所は、農薬などの被害が全くかからない地域です。単花蜜のマヌカなら、まず農薬の心配はしなくて問題ないでしょう。

当店では、はちみつを原料ロットごとに、300 項目以上の使用される可能性のある農薬・抗生物質の検査を実施しております。この度、報道があったグリホサートも検査を行い、品質面で問題がないことを確認しておりますのでご安心ください。

当店の「マヌカ蜂蜜」は、ニュージーランドの法律に則って採蜜されたものです。 同国の第一次産業省によって、摂取しても問題のない輸出用基準に適合した品質で あることを証明された蜂蜜だけを輸入しています。
また、除草剤のグリホサートは、一般的に農場や牧場で使用されています。 当社の「マヌカ蜂蜜」を採取している養蜂場は、農場や牧場から 3km 以上離れた自然 豊かな山奥にあります。蜂の採蜜範囲は約 2km であることから、物理的に当社の 「マヌカ蜂蜜」に混入する可能性は極めて低い環境です。

<マヌカハニーの副作用>

マヌカハニーといえどもお薬ではなく、あくまでも食品(蜂蜜)である。食品の範疇(はんちゅう)なので副作用などはありません。またニュージーランド政府としてもそのような報告は出ておりません。ご安心ください。

<松治郎の舗(まつじろうのみせ)マヌカ蜂蜜のおススメの食べ方>

このマヌカハニーのおススメの食べ方は、基本的には、スプーン等でそのまま食べる。がもっともポピュラーですがニュージーランドの私の友人達はコーヒーに甘味料としてマヌカ蜂蜜を入れている人が多いです。
もちろんトーストまたはパンのスプレッドとして食べてもらっても結構ですが、UMF10+(MGO263)以上のマヌカハニーだとえぐみが出すぎておススメしません。

正直効果効能の観点からいっても、UMF10+(MGO263)が一番おススメです。

松治郎の舗(まつじろうのみせ)マヌカハニーおすすめ

<はちみつの栄養成分>

エネルギー329Kcal、水分17.6g、タンパク質0.3g、脂質0g、炭水化物81.9g、灰分0.1g、【無機質】ナトリウム2.0mg、カリウム65.0mg、カルシウム4.0mg、マグネシウム2.0mg、リン5.0mg、鉄0.2mg、亜鉛0.1mg、銅0.04mg、マンガン0.21mg、クロム1.0㎍(マイクログラム)、【ビタミン】ビタミンA カロチンβ1.0㎍、ビタミンB20.01mg、ビタミンB60.02mg、葉酸7㎍、パントテン酸0.12mg、ピオチン0.4㎍

*あくまでもこの数値は目安です。

世界の蜂蜜 ニュージーランド マヌカハニー

世界のはちみつシリーズ第二弾として今回は、ニュージーランドはちみつをお話をしようと思います。

<ニュージーランドのはちみつ歴史>

南西太平洋のオセアニアにある島国であり、二つの主要な南島と北島からできており、国土は約 27.5km2(平方キロメートル)およそ 日本の約 3/4 の面積で、人口約 495 万人と自然豊かな国土となっています。

実はハチミツと人類の歴史はとても長く、紀元前6000年も前から人はハチミツを収穫してきたと言われている。そんなハチミツの長い歴史と比較すると、ニュージランドの蜂蜜には〝ほとんど歴史がない〟といっても過言ではないかもしれない。というのも、ニュージーランドの先住民マオリ族が移住してきた1,000年前には マヌカハニーの蜜源であるマヌカの木はすでに自生していたものの、ニュージランドに養蜂が始まったのはわずか180年前だというのだ。ちなみに日本の養蜂の歴史は江戸時代とされているので約400年と言われているので確かに浅いですよね。

<はちみつ消費量世界一のニュージーランド>

歴史は浅いのですが、そこから現在は「ハチミツ先進国」と言われ、国民一人当たりのハチミツ消費量が日本の3倍以上約1㎏以上と世界ナンバーワンにまで成長したのは驚きでもあります。、今ではニュージーランドに暮らす人々は生活の中でハチミツはなくてはならないものになっています。あらゆるところで身近に蜂蜜を購入することができる。ニュージーランドの人々の食生活にもしっかり入り込んでいる。日本人の味噌汁のようにである。

 

ニュージーランドの国内蜂蜜生産量は年間約20,000トン、以前の松治郎の舗(まつじろうのみせ)ブログでも書いたが、カナダが33,000トンで日本が3,000トンなので、はちみつ生産国としても上位に位置している。

NZ養蜂場

<私とマヌカハニーとの出会い>

日本ではニュージランドのはちみつと言えば、ほとんどの方がマヌカハニーと言うほど有名になったが、はちみつとしては、クローバー蜂蜜がほとんどで、マヌカ蜂蜜は1700トンくらいしかない。実際私がニュージーランドに最初に訪れた時も、ニュージーランドで有機栽培の花から採取したはちみつをBIOGR(バイオグロ)が認定したという話があってニュージーランドのはちみつに出会ったのもクローバーハチミツであった。

もう30年近く前になるだろうか?ニュージーランド現地の養蜂家さんを回っているときにマヌカハニーというはちみつがあると紹介を受けた。

現地のマオリ族とう種族が昔なら薬効があるとして食べてきたはちみつで、これのも・コレニモ・これにも 効く!っといった内容で、紹介してきた人間も笑いながら話していたので、私の話を流しながら聞いた記憶がある。

どこの国にもこの手の話はあり、神秘のお薬的にはちみつを持ち上げることは

よくよくあるので「なわけない—。やん」として受け止めていた。

そのころニュージーランドのはちみつといえばクローバーのはちみつが有名でっていうかクローバーはちみつしかなっかった。養蜂家はみなクローバーのはちみつを採蜜して、国内外に販売していた。

そこが私とマヌカハチミツのファーストコンタクトとなった。

 

ManukaHoneyとは

 

しばらくニュージーランド国内のみ知られた存在だったが、1980年代の〝あるの発見〟により、マヌカハニーは一気に世界中に知られる存在となっていく。

先ほども書いたが、今でこそ世界中の人気の健康食品として有名なマヌカ蜂蜜だが、つい30年ほど前までは、ニュージーランド以外の国ではあまり知られた存在ではなかった。そのマヌカハチミツに世界の人々の視線が集まり始めたのは、1990年代後半に入ってから。

ヨーロッパ人が移住してくる18世紀まで、ニュージーランドは独自の生態系を守っており、まさに「未開の地」。そんな手付かずの自然が残るニュージーランドは、生物学者や植物学者にとって研究テーマの宝庫であり、数多くの研究者がニュージーランドへと移住し、研究しておりニュージーランド政府も積極的に受け入れをおこなっていた。

そんな中、彼らが注目したのはニュージーランドの先住民マオリ族の暮らし。彼らは日常生活の中で、病気を患ったり、怪我をしたときに、植物を活用する知恵と経験を豊富に持っていた民族で、傷口の消毒や、火傷の治療にマヌカを活用していたというものである。

そういったマヌカの効果や効能については、研究者の間で少しずつ注目されるようになり、1人の研究者ケリー・シンプソンが「マヌカハニーが強い殺菌力を持つ」という噂を聞きつけ、生物学を専攻する旧知の大学教授ピーター・モラン博士のもとを訪ね、マヌカハニーの成分の分析を依頼。そして研究を初めてほどなくして、ピーター・モラン博士は、マヌカハニーには、他のハチミツにはない「強力な殺菌作用」を促す成分が含まれていることを発表した。

その殺菌作用をもたらす物質がどんなものかが判明するのはさらに先のことになるが、この〝世紀の発見〟により、ニュージーランドだけで知られていたマヌカハニーは世界中で注目されるようになり、今では世界のスーパーフードとして認知される存在にまでなった。

 

ニュージーランド植物『マヌカ』とヨーロッパ人が持ち込んだ『西洋ミツバチ』。もし西洋人がミツバチをニュージーランドへ持ち込まなかったら…… 人類は「マヌカハニー」が今日知られることがなかったとも考えられる。そう考えると、この出会いがいかに【歴史が合わせた偶然の奇跡】であるか、よく分かると思う。

「おたくのはちみつは非加熱ですか?」

誰かが仕掛け、広がった????案件

 

まずここで非加熱の定義を明確にしましょうね。

 

非加熱とは、熱処理をしないこと。加熱による殺菌処理などを行わないこと。

と記載がある。

 

つまり、何らかの加熱による殺菌処理が必要なものが加熱処理をする

ことになる。

 

では、はちみつは加熱処理をする必要があるか???

 

Wikipediaよりはちみつ成分

以下

 蜜源植物と採集季節によって変動するが、約72%の糖分と約21%の水分に

よって構成され[29]、微量の栄養素など(ビタミン[† 3]ミネラル[† 4]

アミノ酸[† 5][† 6]有機酸[† 7]酵素[† 8]色素[† 9]、香気物質[† 10])も含まれる[3]

有効成分が蜂蜜の中で果たす働きについては未解明な点も多い[41]

ビタミン、ミネラル、アミノ酸の多くは花粉に由来する[31]

つまりはちみつは、ほとんどが糖分でできている。

だから腐ることもなければ、菌が繁殖することもない。つまり

 

熱処理をする必要がない食品なのです。

それでも不安な方々に、はちみつが皆さんお届けするまでの工程

を画像で

① お花の蜜をミツバチが集める

色々なお花畑を巡って、ミツバチがお花の蜜を集める
色々なお花畑を巡って、ミツバチがお花の蜜を集める

② 巣に戻ってはちみつを巣に貯めます。

ミツバチは巣に戻ってはちみつを巣に貯める
ミツバチは巣に戻ってはちみつを巣に貯める

③養蜂家がはちみつの貯まっている巣を包丁できり

養蜂家がはちみつの貯まっている巣を包丁できり放す
養蜂家がはちみつの貯まっている巣を包丁できり放す

④ 遠心分離機という道具で遠心力によりはちみつを絞り出す

遠心分離機という道具で遠心力によりはちみつを絞り出す
遠心分離機という道具で遠心力によりはちみつを絞り出す

⑤ あとは蛇口からはちみつを出す。

遠心分離機の下にある蛇口から流れ出るはちみつを集める
遠心分離機の下にある蛇口から流れ出るはちみつを集める

ここからがよく誤解がある点。⑤の写真をよくご覧ください。

はちみつの中にミツバチの死骸やごみがあるのが見えるだろうか?

 

ビン詰めした商品に、このようなものが入っていたら、ご購入いただいた

方はなんと思いますか? 原始時代の日本人なら許していただけるかも

しれないが、お客様の大多数は、異物混入!気持ち悪い!

というのではないでしょうか?

そこでゴミをとるために、網であったりろ布であったりしたものでゴミを取ります。

 

その時、粘度が高い蜂蜜を、網やろ布に落としてもメッシュを通さないため

40度くらい蜜温に温め、メッシュを通してゴミをとり、ビンに詰めるということになります。

  

40度も熱加えてるやん!という方に

日本人が好む風呂の温度は40度〜42度

日本の真夏の最高気温 41.0℃

これくらいの熱は許してください。養蜂家が皆様に蜂蜜を届けられなくなります。

カナダ蜂蜜(クローバー)

前回はカナダはちみつの養蜂環境などを中心にお話しましたが、今回はいよいよ、私がおススメするカナダ産蜂蜜(クローバー)をご紹介します。

<驚きの白いはちみつ>

それはまさにクローバーのはちみつです。まずはこれをご覧ください。

クリーミィー

真っ白!真っ白なんです。さらにこの粘度、マーガリンのようなクリーミィーな粘度なんです。初めて見た時には混ざりものでも入っているのか?と思ったほどです。私がこのカナダ産結晶ハチミツに出会ったのは30年くらい前のこと。それまで黄金色や茶褐色の蜂蜜しか知らなかった私は、海外から来た黒船蜂蜜に衝撃をおぼえたことは今も忘れません。

日本では確かに白くなると言えば、蜂蜜が固まる結晶化という現象がありますが、結晶化したはちみつこのようにクリーミィーにはならずジャリジャリした白い塊になるのが日本では当たり前なのに、このカナダはちみつ(クローバー)はクリーミィーな粘度の状態のままなんです。

<企業秘密のはちみつ製法>

カナダの養蜂現場に入る、どのように採蜜してビンに詰めるのかを教えてもらいに行きました。企業秘密のところもあるので詳細はお伝え出来ないのですが、蜂蜜が結晶する(白く固まる)現象をうまく使って温度と攪拌によりこのよなクリーミィーな状態に仕上げています。

企業秘密

ほんとに考えた方は天才かと思いました。当たり前ですが添加物など一切入っていませんからね。

今ではこの技術は世界に広がり、ニュージーランドやオーストラリアのはちみつやヨーロッパの蜂蜜でもこのようなクリーミィーなハチミツは出てきました。

<松治郎の舗(まつじろうのみせ)カナダ産結晶蜂蜜のおススメの食べ方>

このカナダ産はちみつ(クローバー)のおススメの食べ方は、生の食パンにそのままクリーミィーな状態のままぬって、バターを絡めて食べてみてください。

もう一つおススメの食べ方は、塩味が若干あるクラッカーにこのカナダ産結晶はちみつ(クローバー)をつけて食べてみてください。たまりません。笑

松治郎の舗(まつじろうのみせ)カナダ産結晶はちみつ

<はちみつの栄養成分>

エネルギー329Kcal、水分17.6g、タンパク質0.3g、脂質0g、炭水化物81.9g、灰分0.1g、【無機質】ナトリウム2.0mg、カリウム65.0mg、カルシウム4.0mg、マグネシウム2.0mg、リン5.0mg、鉄0.2mg、亜鉛0.1mg、銅0.04mg、マンガン0.21mg、クロム1.0㎍(マイクログラム)、【ビタミン】ビタミンA カロチンβ1.0㎍、ビタミンB20.01mg、ビタミンB60.02mg、葉酸7㎍、パントテン酸0.12mg、ピオチン0.4㎍

*あくまでもこの数値は目安です。

世界の蜂蜜 カナダハチミツ(クローバー)

くまのプーさんの本拠地、カナダハチミツをご案内。カナダと言えばメープルシロップが有名ですが、なんせ楓の花が国のシンボルになってるくらいなので。。。同じくらいはちみつ生産国としては全世界2位くらいのはちみつ採蜜国なんです。ディズニーのくまのプーさんもここカナダが発祥となり全世界にひろまったくらい。

お花としては、キャノーラ(菜の花)、クローバー(日本のそれとは違う)、あとはアルファルファといったところです。松治郎の舗(まつじろうのみせ)ではこの中のクローバーの蜂蜜を販売しております。

カナダはちみつ環境 カナダの蜂蜜の品質の高さは世界で認めらており、広大な面積にナタネ・クローバー・アルファルファが生育しています。これらの蜜からはミツバチはマイルドで白くおいしい蜂蜜を作り出します。太陽が降り注ぐ長い夏が続くカナダの高原で、ミツバチは様々な花から蜜を集めますが、ミツバチにとっては、長い夏というよりは、駆け足で過ぎ去っていく短い夏の間に一所懸命ハチミツを集めています。

カナダは、世界第2位の収穫率を誇り、世界第6位のハチミツ産出国です。
2002年には、カナダの養蜂業者は10州合計で約88,000軒、巣箱の数にして約585,680個、ハチミツの生産量は33,297トンそのうちの約21,900トンを輸出しています。

カナダハチミツの安全性 カナダのハチミツの安全性を品質は、カナダ食品検査庁(CFIA)はカナダの農産物法の蜂蜜に関する規定に基づき、厳格なカナダの基準に適合するよう生産者と輸入者を監督しています。

アルバータ州で採れる採蜜量は、カナダ10州の40%に相当します。ミツバチの数も20万群が活躍しています。

カナダの自然 アルバータ州といってもロッキー山脈の山麓に広がるValley view(バレイビュー)、Peace river(ピースリバー)を中心に、北部に位置する地域が主な産地になります。
ロッキー山脈の北側に位置し、そこから流れ出る伏流水を豊富に育んだ地で、孤絶した湖やビーチ、無数の川が流れ、最北部にはスイスが丸ごと入ってしまう広大な国立公園(ウッド・バッファロー国立公園)があります。
国定公園や雄大な自然に囲まれ、自然を保護している地域が多いです。Valley view(バレイビュー)、Peace river(ピースリバー)を中心に養蜂家の短い夏が始まります。
主なハチミツは、ナタネ蜜、クローバー蜜と、百花蜜になります。
アルバータ州の蜂蜜の産地の開花時は、数種類のクローバーの絨毯で埋め尽くされます。

農薬は指定されたものしか 使用されていません。それも採蜜が終了した後に一回だけです。それから考えても、翌年の採蜜時には残存しているとは思えません。
大きい農家で2万エーカーは土地をもっている。最低耕作面積は160エーカー(3000~4000エーカーは持っていないと、生活は成り立たない)と言われています。
牧草地に何を植えるかは地主で決まる。それは、種の価格で大きく変わります。

 

カナダの養蜂スタート 春の採蜜は、5月初旬からのバンクーバー近郊(越冬地)のブルーベリー農園での受粉に始まり、そこで採れるブルーベリー蜂蜜やブラックベリー蜂蜜からが、採蜜のスタートです。
6月の中旬から8月中旬のPeace river近辺にある牧草地に蜂をおいてカノーラから採蜜が始まり、松治郎の舗(まつじろうのみせ)で販売するホワイトクローバーやレッドクローバー、スウィートクローバーと順番に可愛い花が咲き乱れていきます。
蜜蜂は7000群保有し、短期間で450トンの採蜜をされます。1群で20kg~30kg。9月には霜が降りることがあり、そうなると採蜜は終了となります。

 

松治郎の舗(まつじろうのみせ)カナダ産結晶はちみつ

 

とち蜂蜜(トチ蜂蜜)マイナーだけど、この食べ方が最適。栃蜂蜜

とち蜜とは

トチの木は本州ならどこでも生息している落葉樹高木です。天狗のウチワのモデルとなった大きな葉っぱが特徴。木全体が小さな白い花に覆われクリスマスツリーのように垂直に咲きます。

とちの花
<とちの花>

栃木県の木に指定されているように東日本から北日本におおく生息している。

栃の木がある地方では「栃餅」や「栃の実せんべい」などでおなじみかもしれません。秋になると栗に似た実をつけ、日本では縄文時代から食用とされていたそうです。昔は、飢きんの備えとして屋根裏に実を備蓄したり、食べ物のとれない冬に貴重な食料になったとか。そんな栃の木に咲く花からは上質なはちみつも採れるんです。木の実とはちみつ、人々に恵みをもたらしてくれます。栃の実は「不老長寿の実」と呼ばれることも。トチの花独特のフローラルな香りと柔らかな甘さを持っている。

<とち蜂蜜 効能>

喉の痛みに蜂蜜がいいと言われるのもトチ蜂蜜が有名。

ヨーロッパではマロニエのはちみつとしてポピュラなはちみつですが、このマロニエは厳密に言うと「セイヨウトチノキ」で日本のとち蜜とは若干違います。

<とち蜂蜜 特徴>

フローラルな香りがなんせ焦げ目のついたパンに合います。私の一番のおすすめの食べ方は、クロワッサンです。クロワッサンをオーブントースターでこんがり焦げ目がつくくらいに焼いたそこにトチハチミツをかけて食べてみてください。焦げ目がない時はこのフローラルな香りがエグミに感じるのですが、焦げ目をつけると全然味が変わります。絶品です。

 

<とち蜂蜜 おススメ>

料理・・・・一番はオーブントースターで焦げ目をつけてトチハチミツをぬる、当然トーストやホットケーキにも合 います。和風の煮物系の隠し味にも最適です。

飲み物・・・ヨーグルト系の飲み物に合います。

スイーツ・・・チーズが入ったお菓子作りに合います。

手作りコスメ・・化粧水やクリームに向いています。

 

 

<はちみつの栄養成分>

エネルギー329Kcal、水分17.6g、タンパク質0.3g、脂質0g、炭水化物81.9g、灰分0.1g、【無機質】ナトリウム2.0mg、カリウム65.0mg、カルシウム4.0mg、マグネシウム2.0mg、リン5.0mg、鉄0.2mg、亜鉛0.1mg、銅0.04mg、マンガン0.21mg、クロム1.0㎍(マイクログラム)、【ビタミン】ビタミンA カロチンβ1.0㎍、ビタミンB20.01mg、ビタミンB60.02mg、葉酸7㎍、パントテン酸0.12mg、ピオチン0.4㎍

*あくまでもこの数値は目安です。

 

ビーポーレン(BeePollen)ミツバチ花粉

これがみつばち花粉(BeePollen)!!!

のりたまみたい—–。こらこら

確かに黒ゴマが混ざっていたら見た目、のりため!

ミツバチがお花の花粉を団子状にして集め、ミツバチの酵素で固めたもの

がこれである。

よく勘違いするところなのだが、お花の花粉だけではない。

あくまでもミツバチの酵素をからめることにより栄養価が増すのである。

BeePollen

みつばち花粉(Beepollen)

みつばちはハチミツを食べるというのは何となく知っていることだとおもいます。

けどもう1個重要なものを食べています。

 

それがお花の花粉です。人間で例えるならお米がはちみつとすると、おかずが

花粉

となります。

 

特にミツバチが生まれてから2週間くらいまでは、この花粉が特に必要になり

子育てをする蜜蜂には、ミルクを分泌する(ローヤルゼリー)のですが、この

花粉を栄養源に分泌するためです。

みつばちの発育には花粉のあるないで大きく作用するといっても過言では

ありません。

 

写真の左のミツバチをご覧ください。

 

みつばちの足付近に黄色い塊がみえるでしょうか?

これが 「みつばち花粉(ビーポーレン)Beepollen」 です。

 

右のミツバチをご覧ください。

 

お花に止まって、足で花粉を集めているところです。

 

花粉を団子状に固めることから、養蜂用語では 「花粉団子」といいます。

 

花粉団子にした状態で、巣に持ち帰ってきます。

 

 

足にたくさんの花粉団子をつけて巣に戻ってきてます。

続きはこちら