公開1日で目標金額達成!一滴垂らすだけで贅沢な味わい。 心も体も喜ぶ至福のコーヒー時間を生む【魔法の蜂蜜】  Makuakeにて5月30日まで販売

創業大正元年のはちみつ屋、株式会社松治郎の舗(所在地:三重県松阪市、代表:水谷 俊介)と、オールラウンド・バリスタであり“珈琲を愛しすぎた男”【岩崎 泰三】がタッグを組み、コーヒーの旨味を最大限引き出す専用はちみつ「ハニ蜜」を開発しMakuakeにてテスト販売を2022年4月22日に開始。公開後1日で目標金額を達成しました。本プロジェクトは5月30日まで実施いたします。

■商品開発背景

おいしいコーヒーで贅沢なおうち時間を楽しみたい」

「甘い飲み物を飲んでホッと落ち着きたい。けど、カロリーが気になる…」

「ブラックコーヒーは苦手だけど、甘いコーヒーは大好き」

「日常的に飲むものは、少しでも健康に良いものを選びたい」

そんなニーズにお応えして、近年、はちみつ×コーヒーの組み合わせに注目が高まっています。通常コーヒーに甘味を加えるには、砂糖やガムシロップを入れることが一般的です。しかしハチミツを入れることで、ほどよい甘みとまろやかな味わいが生まれます。

■世界ではメジャーなはちみつとコーヒーの相性

実は、世界的にみると、はちみつ×コーヒーの組み合わせは古くからあります。例えば、スペインではコーヒーにハチミツとミルクを入れた「カフェ・コンチェーレ」が伝統的に飲まれています。

最近では、大手のコーヒーチェーン店でもハチミツ入りコーヒーが提供され、人気メニューの一つになっています。またコーヒーショップのセルフサービスのカウンターにハチミツが置かれているのを見たことがある人も多いのではないでしょうか。

■はちみつ×コーヒーが注目される理由

その理由は2つあります。

1つめは「味わい」、2つめは「健康」です。

(1)味わい

コーヒーにハチミツを入れることで、コクが出て、コーヒーの味わいにさらに深みを出すことができます。

その理由は、ハチミツに多く含まれる「果糖」「麦芽糖」にあります。「果糖」は砂糖より甘くコクがあり、「麦芽糖」には旨味があります。

そのため、砂糖で甘味を加えた場合に比べて、甘さにコクと旨味が加わり、コーヒーの複雑な風味と相まって、味に深みを出すことができます。

この贅沢な味わいが人気の理由の1つです。

(2)健康

・カロリーが低い

ハチミツの甘味は砂糖の2倍ですが、カロリーは砂糖の80%と言われます。砂糖よりも少量で甘味を出せるため、カロリーを抑えることができます。

・栄養価が高い

天然のハチミツはビタミン、カルシウム、鉄分といった27種類のミネラル、22種類のアミノ酸、89種類の酵素、ポリフェノールなど150種を超える栄養素が含まれています。やさしい甘さで一息付け、体調がすぐれない時の強い味方になります。一方で、砂糖は糖分が豊富ですが他の栄養素はほとんどありません。

ただコーヒーに入れて摂るだけで日常の栄養補給にも役に立つハチミツ。同じ「甘くするため」に加えるなら、少しでも体に良いものを、という視点からも注目が高まっているのです。

■その道のプロが立ち上がる

はちみつマイスター(R)【水谷 俊介】×珈琲を愛しすぎた男【岩崎 泰三】がコラボ

そんな癒しの時間にコーヒーにハチミツを一滴垂らすだけで、甘みと苦みがお互いを引き立て合い、毎日頑張るからだと心を、ふわっと解きほぐしてくれます。

しかし、ハチミツ入りコーヒーを自宅で作るにはポイントがあります。

それは、ハチミツとコーヒーの相性です。

どんなコーヒーでもいい訳はなく、はちみつもどんなはちみつでもいい訳はありません。お互いがマッチしないと味が美味しくないということも発生します。

コーヒーの味わいを引き立てつつ、より美味しいはちみつを提供できないか―。

そこで、コーヒーのプロフェッショナルである岩崎 泰三と協力し「コーヒーと合うはちみつ」の開発に着手しました。

そして数々の試行錯誤を経て、誕生したのがコーヒーに合う「ハニ蜜」です。

■使用したのは、フランス産甘露蜜と国産とち蜜

フランス産甘露蜜は。色が褐色で独特な味わい、渋みや苦みが強く、甘さは控えめ。

国産とち蜜は、色が薄くコクがある味わい。酸味のある個性的な香りと、程よいコクがあるはちみつです。

両方のはちみつをブレンドすることにより、深みのあるコクが残り、甘さ自体は控えめの「ハニ蜜」が誕生しました。

ブラックが苦手な方はもちろんですが、普段からブラックを好んで飲まれる方もこのハチミツを少し入れるだけで、まろやかな味わいとコクのある苦みをより感じていただくことができます。真のコーヒー好きにこそオススメしたいのがこの「ハニ蜜」です。

■甘露蜜とは

樹木から分泌される樹液を小さな昆虫が吸い、樹液からタンパク質だけを体内に取り込み、その後糖分だけを水滴のように分泌して葉に残したものが「甘露蜜」です。この甘露蜜をミツバチが巣に持ち帰りはちみつに仕上げたものとなります。

一般的に色が褐色で独特な味わい。渋みや苦みが強く、甘さは控えめです。主に「Bourgogne-Franche-Comte(ブルゴーニュ=フランシュ=コンテ地域圏)のJura(ジュラ県)」で採れたものを使用しています。

国産とち蜜は、酸味のある個性的な香りと、程よいコクがあるはちみつです。特徴としては、他のはちみつと比べて鉄分やミネラルが多めです。6月中旬ごろに北関東・東北・北海道地方から採蜜したものを使用しました。

【商品仕様】

ブレンドはちみつ『ハニ蜜』

価格  :早期特典40%OFF 2,700円 → 1,620円

限定数限定 100本

内容量 :250g

原材料 :甘露蜜(フランス)・とちはちみつ(国産)

※特定原材料7品目は含まれておりません。

賞味期限:製造日より2年

保存方法:直射日光を避け冷暗所に保存の上、開封後はお早めにお召し上がり下さい。

Makuake公開ページ

https://www.makuake.com/project/matsujiro/

株式会社松治郎の舗 ホームページ

https://www.matsujiro.shop/

伊勢 老舗はちみつ屋から人と環境に優しい“Bioフラワー”が セットになった「母の日限定ギフト」を3月31日から数量限定販売

創業大正元年のはちみつ屋、株式会社松治郎の舗(所在地:三重県松阪市、代表:水谷 俊介)は、【母の日】の限定企画として、Bioフラワーアーティスト『Sato』とのコラボ商品を松治郎の舗 店舗、ホームページにて2022年3月31日から数量期間限定販売いたします。

ミツバチにも優しい農薬、化学肥料を使用しないBioフラワーを使用した今回だけの特別SET。

松治郎の舗では四季折々の花をディスプレイを手がけるBioフラワーアーティスト『Sato』とのコラボ商品です。

蓋を開けた瞬間に、とってもさわやかな香りが広がり、気分もリフレッシュ!大好きな、大切な、大事なお母さんにはちみつハーブギフトはいかがでしょうか。

■ハーブリース

フレッシュなBioフラワー(農薬、化学肥料不使用)を使ったハーブリース。

特にローズマリーは若返りのハーブと言われ「思い出」「変わらぬ愛」といった素敵な花言葉があります。生花ですが壁にかけておくだけでドライフラワーになります。ドライフラワーにした後は、そのままリースとして飾るもよし、瓶につめてお料理やハーブティーとしてお使いいただけます。ハーブリースはローリエ、タイム、ローズマリーから手作りでおつくりします。

■1輪のバラブーケ

地元の伊勢バラ(※伊勢バラはBioフラワーではありません)、ピンクの薔薇には「感謝」という花言葉があります。いつもは言いにくい感謝の言葉を、花言葉に変えて贈るのはいかがでしょうか?

■Bioフラワーアーティスト『Sato』

三重県美杉町の動植物に囲まれた大自然のなかで生まれ育ちました。

心と身体(ココロとカラダ)の健康をテーマにしてきたなかで、野に咲く草花の透明感のある美しさ、生命力に魅了され、農薬・化学肥料を使用しない自然栽培での花づくりをしています。

季節の植物と一緒に、自然素材を生かしたアレンジを提案しています。

■母の日限定商品詳細

<完全受注生産3/31~5/1予定数に達し次第締め切り>

※送料込み、店頭受け取りなし、常温配送

セット名:ハーブリース+1輪のバラブーケ+蜜美はちみつハンドクリームセット

価格  :3,800円(税込・送料込み)

セット名:ハーブリース+1輪のバラブーケ+蜜匠果実りんご180gセット

価格  :4,000円(税込・送料込み)

セット名:ハーブリース+1輪のバラブーケ+蜜匠果実りんご180g+はちみつのど飴2種セット

価格  :4,500円(税込・送料込み)

【はちみつ定番セット】※180g2本入箱代、送料込み

セット名: 蜜匠果実はちみつさくらんぼ&りんごセット

価格  : 3,000円(税込・送料込み)

セット名: 蜜匠山桜のはちみつ600g 1本

価格  : 5,000円(税込・送料込み)

販売店 : (1)松治郎の舗 松阪本店(三重県松阪市中町1873番地)

(2)松治郎の舗 伊勢おはらい町店(三重県伊勢市宇治中之切町7)

(3)はちみつ屋松治郎の舗 公式オンラインショップ

( https://www.matsujiro.shop/products/list?category_id=32 )

URL   : http://www.matsujiro.shop/

<伊勢神宮での年末詣・初詣のお土産に!> 捨てられるはずの伊勢芋の皮を使った 「かりんとうはにぃ」を12月25日より販売開始!

~同じく三重県に構える、安政3年創業の下津醤油とのふるさとコラボレーション~

創業大正元年のはちみつ屋、株式会社松治郎の舗(所在地:三重県松阪市、代表:水谷 俊介)は、下津醤油株式会社(所在地:三重県津市、代表取締役社長:下津 浩嗣)とのコラボ商品【かりんとうはにぃ】を松治郎の舗 公式オンラインショップでは事前に販売スタート。松治郎の舗 店舗、三重県内のお土産店・サービスエリア・ホテル売店にて12月25日から販売いたします。これからの時期、店舗のある伊勢神宮の年末詣や初詣の参拝客をターゲットに販売をスタートします。

 

 

【かりんとうはにぃ】開発背景

伊勢芋は江戸時代から伝わる、強力な粘りと高い栄養価が特徴の伝統野菜です。それだけでもお土産の材料として魅力的なのですが、決め手はもうひとつあります。

サステナブルな思い

貴重な郷土の食材の無駄をなくしたかったのです。伊勢芋を余すところなく使うことが、生産者さんへの貢献になると感じたからです。農家さんによると、伊勢芋は種芋1つにつき1つの芋しかできず、収穫の3~4割は種芋として残すそうです。さらに、形の悪い芋は皮をむき身だけを出荷。皮は、廃棄物として捨てられます。貴重な伊勢芋なのに…ともったいない気持ちが湧きました。それならば、この皮を材料として活用しよう!と決意しました。

小さなお子さんからお年寄りまで、みんなで囲むお菓子にしたい、との思いでかりんとうを作ることに決めました。理想に辿り着くまでには、たくさんの試行錯誤を繰り返しました。洗って冷凍した伊勢芋の皮は、再び洗い乾燥して粉末にします。

三重県のこだわり食材

原料は三重県産にこだわり、生地には下津醤油さんの醤油を練りこみました。発酵によってできあがりが違うので、何度も試し、最適な発酵を見つけました。開発スタートしてから約1年半が経ちました。

いろんな方の協力のおかげで、ようやく理想のかりんとうができあがったのです。【かりんとうはにぃ】は、三重県多気郡で手間暇かけて育てられた貴重な伝統野菜「伊勢芋」の皮を丁寧に処理し、粉末にして生地に配合しました。三重県産小麦、桑名発祥の米油、四日市の九鬼産業のごま、下津醤油の丸大豆醤油、松治郎の舗自家製はちみつ、地元三重県の魅力ある原料がたくさん詰まった、素朴なかりんとうです。

■【かりんとうはにぃ】概要

名称  : かりんとうはにぃ

内容量 : 70g

販売価格: 540円(税込)

販売店 : (1)松治郎の舗 松阪本店(三重県松阪市中町1873番地)

(2)松治郎の舗 伊勢おはらい町店(三重県伊勢市宇治中之切町7)

(3)はちみつ屋松治郎の舗 公式オンラインショップ

https://www.matsujiro.shop/products/detail/274 )

(4)その他県内のお土産店・サービスエリア・ホテル売店など

URL   : http://www.matsujiro.shop/

コラボ商品「はちみつ仕立ての老伴」のご案内

コラボ商品のお知らせです😊

老舗和菓子屋店「柳家奉善」様と松治郎の舗が初めてのコラボレーション✨✨を実現しました。

三重県産はちみつ蜜匠 花々 を使った《はちみつ仕立ての老伴》を作っていただきました。
(老伴-おいのとも-….ようかんを円形の最中に流し込んだ和菓子)

2018/11/3(土)より、柳家奉善様にて販売開始されていますので是非よろしくお願いします。😊
●はちみつ仕立ての老伴 3個入り 税込648円

http://www15.plala.or.jp/yh99/

『はちみつパンケーキ』(The Olive Cafe松阪店様)

「天使のパンケーキ」で大人気のThe Olive Cafe松阪店様にて、三重県松阪・伊勢エリアで採蜜したはちみつ 蜜匠「花々」がコラボし、新メニュー『はちみつパンケーキ』が登場しています🥞🐝✨

卵の風味がしっかりのふわしゅわパンケーキにほんのり塩味ホイップクリーム+レモンバターの上へ、お花の芳香な香り広がるはちみつをとろ〜り。お口の中は幸せ数💯‼︎

是非食べに行ってみてくださいね🌼
The Olive Cafe松阪店様 限定のメニューとなっています。

https://olivecafe.jp/