マヌカハニーおすすめ

<マヌカハニー(ManukaHoney)とは>

ニュージーランドは北島と南島に分かれており、このマヌカハニーが採れるのは北島である。南半球にあるニュージーランドは日本と夏冬がまった逆なので、12月の下旬から2月の上旬にマヌカの木に白い花が咲き、採蜜が始まる。マヌカとはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」などを意味する。葉っぱに薬効があることから、原産地では薬用茶として古くから利用されてきた、樹高は 0.3~5m 程で、( 現地の)夏前から梅に似た直径 1~2cm ほどの花を咲かせる。

マヌカの花とミツバチ

<ManukaHoneyに有効成分メチルグリオキサート(MGO)>

その後数年してから、ニュージーランド政府やニュージランドの大学からマヌカハニーの数値基準的なUMFなるものが発表された。UMFとは、ユニークマヌカファクトリーの略ということで、マヌカハニーの抗菌性を数値化したとのことであった。

ますます胡散臭い話しになったとその当時思った。天然のはちみつを数値化する?天然であるがゆえ数値化は本当に難しい。それは天然ものを扱う人間ならだれしも感じるところである。日本人の探求精神に火が付き、ではUMFの検査方法を教えてほしい日本でも同じ検査結果がでるか?等々の事実を知りたかったのでニュージーランド側に依頼した。

その当時の答えは、検査方法は教えられたにという回答であった。その時点で私のうさん臭さマックスに当時なったことを覚えている。

今となれば、メチルグリオキサールの含有量だったのになぜ隠したのか不思議である。

マヌカハニーの面白いところっていうか大変珍しいところというのは(世界の蜂蜜 ニュージーランド マヌカハニー)でも紹介したがメチルグルオキサールの発見である。ほかの蜂蜜ではまず見つけれれない成分なのです。

マヌカはちみつを採蜜した時点では、この成分はほとんど存在しない。その後時間経過とともにメチルグルオキサールがマヌカハニーのなかで活性して生まれるということである。酵母などに似ているとおもってもらっていいかな。

メチルグルオキサールを数値化したものが俗に云うUMF(ユニークマヌカファクトリーの略)とかMGOとかいったものになる。

<UMFとMGOの数値の味方>

ニュージランドの見解では、UMF+5( MGO83 )、+10( MGO263 )、+15( MGO514 )、+18( MGO696)の数値になるようです。この数値をフェノール液という消毒液の濃度に換算すると 例えば UMF+5 の場合、フェノール液濃度 5.0%と同等の殺菌力を持っていることになる。一般的に、手指・皮膚の消毒で 1.5~2%、医療用具・手術室・病室の消毒で 2.0~5.0%に希釈したフェノール液が使用されており、マヌカハニーの持つ殺菌力が非常に優れているということになる。

<マヌカハニーの効果>

通常のハチミツよりも強い殺菌、抗菌作用があることが確認されています。また世界で唯一薬効が医学的に証明されているものとなります。現在も研究が続けられている。

<松治郎の舗(まつじろうのみせ)で取り扱うマヌカハニーの安全性>

マヌカはちみつの名誉のためにも、マヌカを採蜜する場所は、農薬などの被害が全くかからない地域です。単花蜜のマヌカなら、まず農薬の心配はしなくて問題ないでしょう。

当店では、はちみつを原料ロットごとに、300 項目以上の使用される可能性のある農薬・抗生物質の検査を実施しております。この度、報道があったグリホサートも検査を行い、品質面で問題がないことを確認しておりますのでご安心ください。

当店の「マヌカ蜂蜜」は、ニュージーランドの法律に則って採蜜されたものです。 同国の第一次産業省によって、摂取しても問題のない輸出用基準に適合した品質で あることを証明された蜂蜜だけを輸入しています。
また、除草剤のグリホサートは、一般的に農場や牧場で使用されています。 当社の「マヌカ蜂蜜」を採取している養蜂場は、農場や牧場から 3km 以上離れた自然 豊かな山奥にあります。蜂の採蜜範囲は約 2km であることから、物理的に当社の 「マヌカ蜂蜜」に混入する可能性は極めて低い環境です。

<マヌカハニーの副作用>

マヌカハニーといえどもお薬ではなく、あくまでも食品(蜂蜜)である。食品の範疇(はんちゅう)なので副作用などはありません。またニュージーランド政府としてもそのような報告は出ておりません。ご安心ください。

<松治郎の舗(まつじろうのみせ)マヌカ蜂蜜のおススメの食べ方>

このマヌカハニーのおススメの食べ方は、基本的には、スプーン等でそのまま食べる。がもっともポピュラーですがニュージーランドの私の友人達はコーヒーに甘味料としてマヌカ蜂蜜を入れている人が多いです。
もちろんトーストまたはパンのスプレッドとして食べてもらっても結構ですが、UMF10+(MGO263)以上のマヌカハニーだとえぐみが出すぎておススメしません。

正直効果効能の観点からいっても、UMF10+(MGO263)が一番おススメです。

松治郎の舗(まつじろうのみせ)マヌカハニーおすすめ

<はちみつの栄養成分>

エネルギー329Kcal、水分17.6g、タンパク質0.3g、脂質0g、炭水化物81.9g、灰分0.1g、【無機質】ナトリウム2.0mg、カリウム65.0mg、カルシウム4.0mg、マグネシウム2.0mg、リン5.0mg、鉄0.2mg、亜鉛0.1mg、銅0.04mg、マンガン0.21mg、クロム1.0㎍(マイクログラム)、【ビタミン】ビタミンA カロチンβ1.0㎍、ビタミンB20.01mg、ビタミンB60.02mg、葉酸7㎍、パントテン酸0.12mg、ピオチン0.4㎍

*あくまでもこの数値は目安です。

世界の蜂蜜 ニュージーランド マヌカハニー

世界のはちみつシリーズ第二弾として今回は、ニュージーランドはちみつをお話をしようと思います。

<ニュージーランドのはちみつ歴史>

南西太平洋のオセアニアにある島国であり、二つの主要な南島と北島からできており、国土は約 27.5km2(平方キロメートル)およそ 日本の約 3/4 の面積で、人口約 495 万人と自然豊かな国土となっています。

実はハチミツと人類の歴史はとても長く、紀元前6000年も前から人はハチミツを収穫してきたと言われている。そんなハチミツの長い歴史と比較すると、ニュージランドの蜂蜜には〝ほとんど歴史がない〟といっても過言ではないかもしれない。というのも、ニュージーランドの先住民マオリ族が移住してきた1,000年前には マヌカハニーの蜜源であるマヌカの木はすでに自生していたものの、ニュージランドに養蜂が始まったのはわずか180年前だというのだ。ちなみに日本の養蜂の歴史は江戸時代とされているので約400年と言われているので確かに浅いですよね。

<はちみつ消費量世界一のニュージーランド>

歴史は浅いのですが、そこから現在は「ハチミツ先進国」と言われ、国民一人当たりのハチミツ消費量が日本の3倍以上約1㎏以上と世界ナンバーワンにまで成長したのは驚きでもあります。、今ではニュージーランドに暮らす人々は生活の中でハチミツはなくてはならないものになっています。あらゆるところで身近に蜂蜜を購入することができる。ニュージーランドの人々の食生活にもしっかり入り込んでいる。日本人の味噌汁のようにである。

 

ニュージーランドの国内蜂蜜生産量は年間約20,000トン、以前の松治郎の舗(まつじろうのみせ)ブログでも書いたが、カナダが33,000トンで日本が3,000トンなので、はちみつ生産国としても上位に位置している。

NZ養蜂場

<私とマヌカハニーとの出会い>

日本ではニュージランドのはちみつと言えば、ほとんどの方がマヌカハニーと言うほど有名になったが、はちみつとしては、クローバー蜂蜜がほとんどで、マヌカ蜂蜜は1700トンくらいしかない。実際私がニュージーランドに最初に訪れた時も、ニュージーランドで有機栽培の花から採取したはちみつをBIOGR(バイオグロ)が認定したという話があってニュージーランドのはちみつに出会ったのもクローバーハチミツであった。

もう30年近く前になるだろうか?ニュージーランド現地の養蜂家さんを回っているときにマヌカハニーというはちみつがあると紹介を受けた。

現地のマオリ族とう種族が昔なら薬効があるとして食べてきたはちみつで、これのも・コレニモ・これにも 効く!っといった内容で、紹介してきた人間も笑いながら話していたので、私の話を流しながら聞いた記憶がある。

どこの国にもこの手の話はあり、神秘のお薬的にはちみつを持ち上げることは

よくよくあるので「なわけない—。やん」として受け止めていた。

そのころニュージーランドのはちみつといえばクローバーのはちみつが有名でっていうかクローバーはちみつしかなっかった。養蜂家はみなクローバーのはちみつを採蜜して、国内外に販売していた。

そこが私とマヌカハチミツのファーストコンタクトとなった。

 

ManukaHoneyとは

 

しばらくニュージーランド国内のみ知られた存在だったが、1980年代の〝あるの発見〟により、マヌカハニーは一気に世界中に知られる存在となっていく。

先ほども書いたが、今でこそ世界中の人気の健康食品として有名なマヌカ蜂蜜だが、つい30年ほど前までは、ニュージーランド以外の国ではあまり知られた存在ではなかった。そのマヌカハチミツに世界の人々の視線が集まり始めたのは、1990年代後半に入ってから。

ヨーロッパ人が移住してくる18世紀まで、ニュージーランドは独自の生態系を守っており、まさに「未開の地」。そんな手付かずの自然が残るニュージーランドは、生物学者や植物学者にとって研究テーマの宝庫であり、数多くの研究者がニュージーランドへと移住し、研究しておりニュージーランド政府も積極的に受け入れをおこなっていた。

そんな中、彼らが注目したのはニュージーランドの先住民マオリ族の暮らし。彼らは日常生活の中で、病気を患ったり、怪我をしたときに、植物を活用する知恵と経験を豊富に持っていた民族で、傷口の消毒や、火傷の治療にマヌカを活用していたというものである。

そういったマヌカの効果や効能については、研究者の間で少しずつ注目されるようになり、1人の研究者ケリー・シンプソンが「マヌカハニーが強い殺菌力を持つ」という噂を聞きつけ、生物学を専攻する旧知の大学教授ピーター・モラン博士のもとを訪ね、マヌカハニーの成分の分析を依頼。そして研究を初めてほどなくして、ピーター・モラン博士は、マヌカハニーには、他のハチミツにはない「強力な殺菌作用」を促す成分が含まれていることを発表した。

その殺菌作用をもたらす物質がどんなものかが判明するのはさらに先のことになるが、この〝世紀の発見〟により、ニュージーランドだけで知られていたマヌカハニーは世界中で注目されるようになり、今では世界のスーパーフードとして認知される存在にまでなった。

 

ニュージーランド植物『マヌカ』とヨーロッパ人が持ち込んだ『西洋ミツバチ』。もし西洋人がミツバチをニュージーランドへ持ち込まなかったら…… 人類は「マヌカハニー」が今日知られることがなかったとも考えられる。そう考えると、この出会いがいかに【歴史が合わせた偶然の奇跡】であるか、よく分かると思う。